長崎 かき焼き 塩見園

長崎 かき焼き 塩見園

大村産 牡蠣! 今が旬

大村湾産の魚介類のおいしさのヒミツは、大村湾の環境と密接にお関係しているようです。
大村湾は、概要に比べて波が穏やかで、荒れることがほとんどありません。
その為同じ魚でも身に脂が乗りやすいといわれています。
また海水の塩分が若干薄いので身に甘みがあり、さらには旨みが強いといわれています。
さらに平均で水深15m程度と浅いこと、海底が、砂もしくは泥質であることなども大村湾産の特徴です。
これらの大村湾の環境の全てが、大村湾産魚介類の味を特徴づけているといってよいでしょう。

11月~4月初旬が旬のカキ

長崎 かき焼き 塩見園

カキ(牡蠣)は、イタボガキ科あるいは二枚貝の総称です。
カキには、タウリン、グリコーゲン、亜鉛など様々な栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」、「海の玄米」と呼ばれ、生で食べるほか、フライ(揚げもの)、網焼き、鍋物に調理されています。
大村湾産のカキはカキの名産地として知られています。
波穏やかで塩分濃度の低い大村湾で養殖されたカキは、身が軟らかく特有の濃厚な甘さが楽しめるます。


長崎・時津町のかき焼き小屋
かき焼き 塩見園
〒851-2101  長崎県時津町西時津郷1108
お問合せ・ご予約 TEL.080-3182-9459